バストが下がりを予防する方法

バストが下がりを予防する方法

 

あなたはバストに関する悩みをかかえていませんか。
年齢とともにバストが下がり、鏡に映る姿を見たくないと感じていらっしゃいませんか。バストの下がりを予防する簡単な方法について説明しましょう。そもそもバストは乳腺組織と脂肪から出来ており、その下の大胸筋で構成されています。大胸筋を鍛えることで、ある程度バスト下がりを予防することが出来ますが、他にも効果的な方法があります。それは胸やわきの下のリンパにたまった老廃物の排出をうながし、おっぱいそのものの「こり」を解消することです。

 

このおっぱい体操はベテランの助産師によって考案されたものですが、入浴中や手のあいた隙間時間に簡単に行うことが出来ますので、ぜひ試してみてください。

 

その手順は、肩のストレッチを行ったあと、実際に自分の胸に手を当てて横・上の順にゆっくり優しく揺らします。揺らすことで張り付いた胸をいったんひきはがし、元の位置に戻します。そして、わきの下をマッサージすることでリンパを刺激し、カラダの中の老廃物の排出を促します。毎日この体操を続けることで、ふわふわした本来の柔らかなおっぱいを取り戻すとともに、サイズアップも期待することが出来ます。高価な道具も必要ありませんから、自分の体ときちんと向き合うという意味でも、とても効果のある体操です。

 

化粧下地 崩れない